なぜわたしたちは0歳児を授かるのか

フランス・ドゥ・ヴァールは「共感の時代へ」でこう語っています。
「共感の起源を子育てに求めるのは理にかなっているように思える」

先日、あるきっかけがあり、フランス・ドゥ・ヴァールと同じことを言っている人の話を聞きました。
松居和氏です。

松居和氏は、福音館書店の創業者である松居直氏の息子さんだそうです。尺八奏者としてジョージ・ルーカスの「ウィロー」、スピルバーグの「太陽の帝国」をはじめ多くのアメリカ映画に参加するなど多彩な経歴を持ち、現在は、埼玉県教育委員会委員会の委員長をつとめられているそうです。

松居氏は、彼の著作「なぜわたしたちは0歳児を授かるのか」の中で、「すべての人間は幼児によって引き出されるべき善性、優しさ、親心を持っている」と語っていました。「子育てをどうするか」という大人の視点からの議論はたくさんありますが、幼児の存在がヒトを「親」として育てるのだという発想は、視点を大きく切り替えさせるものであり、たいへん心を打つものでした。

そして、松居氏は続けます。
「ところが、親たちが束縛や犠牲を嫌い、子育てを経済原理にもとづくシステムに預けてしまうことによって、善性、優しさ、親心が育たなくなり、その結果、社会に優しさと忍耐力がなくなってしまう」と。

アメリカ連邦議会では、犯罪を減らすため母子家庭から子供を取りあげ孤児院で育てよう、という法案が提出されたことが過去にあったそうです。3人に1人が母子家庭のかの国では、犯罪比率に対する刑務所の維持費よりも孤児院の経費の方が安いという経済論理から、このような法案が出されるのでしょうか。

優しさと忍耐力がなくなってしまった社会では、人は経済論理で動き、欲、競争、勝ち組(リスクを他人に押し付ける)といった思考が社会の原理になってしまうのかもしれません。

これからの、社会原理は、どこに行くのでしょうか。

「共感」を喪失させてしまった現代。
幼児に、目を向けるべきなのかもしれません。

 

yasushi_tanaka

有限会社ケイプラス・ソリューションズ代表,東京工業大学 特任准教授,大阪芸術大学 客員教授,奈良先端科学技術大学院大学 非常勤講師,博士(工学),CMM正式リードアセッサー(非更新 笑)

Facebook Twitter