マンガ駆動設計超上流演習発表会

奈良先端大と大阪芸大との超上流合同演習の発表会が,12月18日無事に終了しました.

この演習授業は,システム開発の超上流工程に,漫画の構成論の技法の適用を試みています.

例えば,「ペルソナ」ではなく「キャラクター」を設定します.そもそも「ペルソナ」とは演劇でその役割になりきることですが,既存の様々なペルソナ手法を試みても,設定したペルソナの振る舞いや考え方になりきるのはなかなか難しいものです.
一方で漫画のキャラクターでは,例えば,「鉄腕アトムだったら,こんな時にはこのように行動するはずだ(例えが古いかな)」とか,「のび太だったらこうしちゃうよね」といったように,過去に読んだ具体的なストーリーは思い出さなくても,そのキャラクターの行動やさらには声までも,深く浸み込んでいるものです.

授業の中で,実際の漫画家の先生にキャラクター設定とストーリーの講義をしていただきました.シチュエーションを設定した上で,キャラクターの身長,体重,兄弟の身長,体重といった「外形(漫画を描く上では外形が重要)」を具体的に設定していきます.例えば,SFと設定した上で,3歳年上の姉よりも背の低いずんぐりとした弟を主人公とした途端,そこから,なにやらストーリーが自動的に浮かび上がってきます.

また,構成を考える際に,ラストシーンが非常に重要な要素であり,シチュエーションとキャラクターなどを設定した上で,ストーリーを考える際,最初に,ラストシーンを思い浮かべるそうです.例えば,誰がどのようにハッピーになるのか.「読者自身のストーリーは,漫画のラストシーンからはじまるのだ」と言うインタビューをした漫画家の先生の言葉は,ITサービスを考えて提供する我々としても非常に重要な視点だと思いました.

さて,今年は4チームが構成され,パナソニックさんのご協力の元,「パナソニックが写真文化を作るとしたら」をテーマに超上流工程に取り組みました.授業成果展覧会では,ポスターセッションと各チームのプレゼンテーションを行いました.

結果,パナソニックさんからは,非常に高い評価をいただき,年明けに,早速,企画部との”具体的な話し合い”のオファーをいただきました.

もしかしたら,授業で出たアイディアが実際の製品や新しいサービスにつながるかもしれません.

乞うご期待です!

UX_H27-01

UX_H27-02

UX_H27-03

 

 

 

yasushi_tanaka

有限会社ケイプラス・ソリューションズ代表,東京工業大学 特任准教授,大阪芸術大学 客員教授,奈良先端科学技術大学院大学 非常勤講師,博士(工学),CMM正式リードアセッサー(非更新 笑)

Facebook Twitter