「土地と文化に対する感情と責任があるのです」

横浜美術館で開催されている「蔡國強展:帰去来」を観に行きました.

この展覧会は,2015.7.11から2015.10.18まで開催されているそうです.
会場の入り口(チケットコントロールの手前なので写真可)で来場者を待ち受けていたのは,今回の展覧会のために制作された「夜桜」という巨大な作品でした(写真1).

夜桜
写真1. 夜桜

また,本展覧会のポスターに掲載されている作品は,「壁撞き」という作品です(写真2).この作品は,99体のオオカミがガラスでできた壁に突き当たっては戻りを繰り返している様を表現した作品でした.説明では99という数字は道教で「永遠」を示しており,ガラス,すなわち,見えざる壁に挑み続けるもそれを超えられない永遠を表象しているようでした.

蔡國強展:帰去来ポスター
写真2. 蔡國強展:帰去来ポスター

 

この展覧会では「夜桜」含め8点の展示がありました,そのうちの5点は,今回の日本での展示のために,会場である横浜美術館で製作された作品だそうです.
また,「春夏秋冬」という作品は,驚くほど繊細な白磁が素材として使われていましたが,これは,彼の故郷である福建省のもの,そして,「壁撞き」の作品にあったガラスの壁は,かつてのベルリンの壁の高さと同じだそうです.

会場では,横浜美術館での製作風景を含め,それぞれの地での文化や社会を強く意識してきた彼の作品の解説とインタビューのビデオが流れていました.
私は,火薬を使った彼のインスタレーションの迫力に見入っていましたが,彼がビデオの中で語っていた言葉が耳を通り抜けた瞬間,脳天を直撃されたような気持ちになり,その言葉を再度確認するために,ビデオを2回観ました.

彼は,
「土地と文化に対する感情と責任があるのです」
と静かに,そして笑顔で語っていました.

彼は日本に留学していた経験があるため,インタビューは少々中国訛りのある日本語で語っていました.そのためか,主語が聞き取れませんでした.おそらく主語は「私は」なのだろうと思うのですが,私には,「私達には」に聞こえました.

「私達には,土地と文化に対する感情と責任があるのです」

私達は,私達の土地と文化に対して,どのような感情を抱いてきたのでしょうか.そして,それらに対して「責任がある」と胸を張って,笑顔で言えるのでしょうか.

会場を出ると,台風による影響か,重く厚い雲が空を覆っていました.

 

 

 

yasushi_tanaka

有限会社ケイプラス・ソリューションズ代表,東京工業大学 特任准教授,大阪芸術大学 客員教授,奈良先端科学技術大学院大学 非常勤講師,博士(工学),CMM正式リードアセッサー(非更新 笑)

Facebook Twitter