著作者性が抱える自己矛盾

東京オリンピックのロゴに関して,盗用か否かが問題となっている.
http://www.sankei.com/world/news/150807/wor1508070008-n1.html

グーテンベルクが印刷技術を発明する以前,人々は,それが誰によって書かれたものかに関心を払わなかった.創作は社会的な奉仕でもあり,創作物に触れるためには,多大なコストを払わなければならなかった.

コピーライトという概念は,複製技術と消費ルートとの発展によって生まれた.「それは私のものである」という所有の主張である.

その複製技術は,コピー機の発明を経て,今では,音楽でも絵画でもプログラムでも,マッシュアップすることで即時的に創作できるようになった.

このように,グーテンベルクから生まれた複製技術がコンピュータの出現によって著しく発達した結果,人々は,”私的努力によって創作することが重要なことだ”とは考えなくなった.創作は個人の社会的奉仕からチームによる活動,すなわち,既存のアイディアのマッシュアップという仕事に引き渡された.

コピーライトという所有の主張は,それを生み出した複製(マッシュアップ)の技術の発展によって,創作における著作者性,すなわちオリジナリティーを否定するという自己矛盾を抱えている.

ところで,「本当のオリジナリティ」というものは,はたしてあるのだろうか.本当にオリジナルな知的活動があるとすれば,それは,一般には,格子に施錠された特定の病室の中に見出されるものであろう.

今,ここに書いている文章も,完全なオリジナルな考えではなく,所詮は”誰かの考え”の寄せ集めに過ぎない.脳は社会的なものである.誰かの考えに影響を受けずにはいられない,という以前に,人は積極的にお互いの考えをコラボレーションしようとしているのである.人々は,社会を維持するために,協調し,お互いが信頼できるように,経済活動というものを発明し,ミラーニューロンは発達してきた.

しかし,社会的なイノベーションの多くは,特異な思考から生まれ,パラダイムを変えてきた.社会というシステムが停滞しないためには(システムの停滞とは,すなわち”死”である),変化が必須の条件である.

コピーライトという”所有の主張”は,社会システムの停滞を加速しているのかもしれない.

yasushi_tanaka

有限会社ケイプラス・ソリューションズ代表,東京工業大学 特任准教授,大阪芸術大学 客員教授,奈良先端科学技術大学院大学 非常勤講師,博士(工学),CMM正式リードアセッサー(非更新 笑)

Facebook Twitter