Agileのベースライン

2012年10月10日から12日までの3日間、大阪国際交流センター(大阪府大阪市 http://www.ih-osaka.or.jp/)で行われる、ソフトウェアプロセス改善カンファレンス(SPI Japan2012)の企画セッションを担当することになりました。
10月10日(水)15:00 – 17:00に行う「Agileのベースライン」という企画セッション(パネルディスカッション)です。

パネリストは、下記の4名の方々です。
(50温順 敬称略)
・阪井誠(SRA)
・西丈善(XPJUG関西)
・前川直也(パナソニック)
・和田憲明(富士通)

本企画セッションの説明文は下記になります。
「日本においては、過去を否定し新規のルールを敷設するのではなく、ターニングポイントに行きあたったときには常に「われわれとは何であるのか」を問い直すことによって、過去と変革との均衡ポイントを見つけてきた(レヴィ=ストロース)。
昨今、あれもAgile、これもAgileと耳にするようになってきました。踊り場を迎えていると思われる日本のソフトウェア技術にとって、今まさに「Agileとは何であるのか」を問い直すことは、均衡ポイントを見つけるための重要なテーマではないかと思われます。
パネリストとともに議論し、Agileのベースラインを一緒に引いてみませんか」

SPI Japan2012への申し込みは下記になります。
https://www.jaspic.org/event/2012/form/SJ/registration.html

また、本企画セッションのみ参加の場合は、SEA関西プロセス分科会のページから申し込まれますと、一般2,000円、学生500円で参加可能です。

SEA関西経由での申し込みは下記になります。
http://sea.jp/kansai/wp/?p=82

奮ってご参加ください!

 

yasushi_tanaka

有限会社ケイプラス・ソリューションズ代表,東京工業大学 特任准教授,大阪芸術大学 客員教授,奈良先端科学技術大学院大学 非常勤講師,博士(工学),CMM正式リードアセッサー(非更新 笑)

Facebook Twitter